2024/07/10

Shopify ストアで配送料をカスタマイズする方法を徹底解説!

@ 信条刃

Shopify

はじめに

今回の記事では Shopify ストアで配送料を設定する方法を解説します。

配送料を無料にしたり条件に合わせて設定したりする方法だけでなく、店舗受取の設定やおすすめのアプリについても解説していきます。

Shopify ストアで配送・配送料を設定する方法

Shopify ストアで配送を設定する手順は以下のとおりです。

  • 配送元を設定
  • 配送エリアを設定
  • 配送料金の設定
  • 店舗受け取りの設定

早速、配送元を設定していきましょう。

配送元を設定

Shopify ストアで配送元を設定する方法について見ていきましょう。管理画面の「設定」を開きます。

管理画面の「設定」を開く

「ロケーション」ページを選択し、画面右上の「ロケーションを追加する」をクリックしましょう。

「ロケーションを追加する」をクリック

「ロケーションを追加」ページが表示されるので、配送元の情報を入力していきます。入力したら保存しましょう。

配送元の情報を入力

確認してみると、設定した配送元の追加ができています。次は、追加した配送元から発送する設定をしていきます。

追加した配送元から発送する設定

画面左側の「配送と配達」ページを開き、「基本の配送料」の「一般設定」をクリックしましょう。

「一般設定」をクリック

画面をスクロールすると、「配送元」の項目があるため、こちらに、先ほど追加した配送元を設定して行きます。「送料を追加する」をクリックしましょう。

「送料を追加する」をクリック

モーダルが表示されるので、「新しい料金を作成する」のチェックボックスをオンにし、「完了」をクリックしましょう。

「新しい料金を作成する」のチェックボックスをオン

「配送元」を確認すると、選択した配送元が表示されています。これで、配送元の設定ができました。

選択した配送元が表示

次は、配送エリアを設定していきましょう。

配送エリアを設定

「配送エリア」の項目の「エリアを作成」をクリックしましょう。

「エリアを作成」をクリック

配送対象とする国を選択しましょう。

配送対象とする国を選択

日本国内の離島など、配送対象外の地域を外すこともできます。設定したら「完了」をクリックします。

設定したら「完了」をクリック

確認してみると、配送エリアが追加されています。

配送エリアが追加

これで、配送エリアの設定ができました。次は配送料金を設定していきましょう。

配送料金の設定

配送料金の設定は、常に同じ配送料がかかる通常設定と、条件によって配送料が変わる条件付き設定の 2 つがあります。それぞれの設定方法を見ていきましょう。

通常設定

通常設定では、常に同じ配送料がかかります。「送料を追加する」より設定していきましょう。

「送料を追加する」より設定

クリックすると、モーダルが表示されるので、「一定料金を利用」を選択して、それぞれの項目を入力していきましょう。

「一定料金を利用」を選択

設定した内容が顧客にどのように表示されるかを「チェックアウトプレビュー」で確認できます。設定できたら「完了」をクリックしましょう。

「チェックアウトプレビュー」で確認

設定した内容が表示されていることが確認できたら、画面右上の「保存する」を忘れずにクリックしましょう。

「保存する」をクリック

実際に、チェックアウトページを確認してみると、配送料の設定ができています。

チェックアウトページを確認

次は、合計金額が 1 万円以上の場合に配送料が無料といった、条件付き設定について解説していきます。

条件付き設定

配送料の条件付き設定を行うには、通常配送の設定同様に、「送料を追加する」をクリックしてモーダルを表示しましょう。表示されたモーダルの「条件付き価格を追加」より、送料の設定ができます。

「送料を追加する」をクリックしてモーダルを表示

条件付き設定には、「アイテムの重量に基づく」設定と「注文額に基づく」設定の 2 つがあります。

「アイテムの重量に基づく」設定と「注文額に基づく」設定

まずは、「アイテムの重量に基づく」配送料の設定をしていきましょう。

アイテムの重量に基づく設定

Shopify では、発送する商品の重量によって配送料の変更ができます。「アイテムの重量に基づく」を選択した状態で、「最小重量」と「最大重量」を入力していきましょう。

「最小重量」と「最大重量」を入力

「完了」をクリックすると、設定の保存ができます。次は、「注文額に基づく」配送料の設定をしていきましょう。

注文額に基づく設定

「注文額」に基づく設定では、顧客の購入金額によって送料を変更することができます。「最低価格」と「最高価格」を入力し、「完了」をクリックしましょう。

「最低価格」と「最高価格」を入力

実際に、チェックアウトページで合計金額が 1 万円以上を超えている場合、送料無料が適用されています。

1 万円以上を超えている場合、送料無料が適用

これで、配送料の条件付き設定ができました。次は、店舗受取の設定について解説していきます。

店舗受取の設定

店舗受取を設定するには、「設定」>「配送と配達」のページを開きます。

「設定」>「配送と配達」のページを開く

画面をスクロールすると、「店舗受取」の項目が表示されるため、設定したいロケーションをクリックします。

設定したいロケーションをクリック

クリックすると、「Shop location の店舗受取」ページが表示されるため、「このロケーションでは店舗受取を提供しています」のチェックボックスをオンにしましょう。

「このロケーションでは店舗受取を提供しています」のチェックボックスをオン

チェックボックスをオンにすると、「チェックアウト時の情報」と「受取通知の準備が整った注文」の項目が表示されるため、設定していきましょう。

「チェックアウト時の情報」と「受取通知の準備が整った注文」の項目が表示

「受取予定時間」には店舗受取が可能となるまでの日数を設定し、「受取手順」には顧客が店舗受取をする際の手順を記入しましょう。設定したら、忘れずに画面右上の「保存」をクリックしましょう。

Shopify 配送料をカスタマイズするおすすめアプリ

上記で説明した方法では、以下のような状況に対応できません。

  • ログインしている顧客に対する割引
  • 購入回数や累計購入額に応じた割引
  • 特定のタグを持つ顧客に対する割引

今回おすすめするアプリでは、上のような状況に対応することができます。

シンプル顧客タグ送料割引|お手軽顧客タグ送料無料

シンプル顧客タグ送料割引|お手軽顧客タグ送料無料

Shopify App Store

このアプリでは、顧客のタグに応じて送料割引を設定することができます。

設定方法はとても簡単です。アプリインストール後、アプリの管理画面から顧客のタグを選択し、割引条件を入力するだけです。

設定方法

顧客に応じて送料割引

価格は「$7.99/月」になっており、追加の料金等もないので使いやすいです。

また、7 日間の無料期間もあるので、お試しで入れれるのも良いです。

シンプル会員送料割引|お手軽ログイン送料無料

シンプル会員送料割引|お手軽ログイン送料無料

このアプリは、ログインしている顧客に対してのみの、割引を実現できます。

設定方法は、アプリの管理画面で、アプリを有効化し、割引条件を設定するだけです。

設定方法

ログイン状態で割引

値段は「$5.99/月」になっており、追加の料金等もないので使いやすいです。

シンプル VIP 送料割引|お手軽 VIP 会員送料無料

シンプル VIP 送料割引|お手軽 VIP 会員送料無料

このアプリは、顧客の購入回数・累計の購入金額に応じて割引を設定することができます。

設定する項目は、「アプリの有効・無効」「購入回数・累計の購入金額が何回・何円以上か」「割引条件」です。

設定方法

注文回数・注文金額の合計に応じて送料割引

価格は「$7.99/月」になっており、追加の料金等もないので使いやすいです。

まとめ

今回の記事では Shopify ストアで配送料を設定する方法を解説します。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

© 2021 powerd by UnReact